So-net無料ブログ作成
検索選択

野生動物の救護 [その他の生き物]


この土日「野生動物救護ボランティア講習会」を受講。
神奈川県では自然環境保全センターという施設が丹沢の麓にあり、
鳥類が多いのですが、傷病で保護された野生動物を治療して野生にもどしたり、
羽や足をなくし、自然界へもどれない動物の世話をするといった活動を
ボランティアとともにしています。

朝から夕方まで、結構みっちりお勉強し、疲れましたが、
建物の外はこんな感じで森のなか。鳥の鳴き声がBGMです。

書き出すと長くなるのですが、1つだけご報告。
これからの季節、巣立ちのヒナが地上で
ひとりぽつんとしている姿を見かけることがあるかもしれません。
でも、迷子と思い、すぐに保護してはいけないのだそうです。
近くに親鳥がいて、えさの取り方、敵から逃げる方法などを教えるために
そっと見守っていることが多く、
ヒトがずっとヒナのそばにいると、親鳥は助けにいくことができないそう。
また、車や猫など危険が近くにさしせまっていたら、
高いところにそっとしておくほうがよいとのこと。
毎年保護される野鳥の5%が誤認保護なのだそうです。
でもヒナが地上でぴよぴよしていたら助けたくなってしまいますよね。
詳しくは、下記のサイトもご覧ください。
http://kanagawa-choju.sakura.ne.jp/nakayoku/hina.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。